昨日緊急事態宣言の1カ月延長および本日関連の特別措置法が決定されますが、今月の始まりのチャートは、コロナの影響の継続、また法案による混乱を予期されるようなイメージがしました。

そして先月末から始まった水星逆行。
20日ころまで続くのですが、情報や通信の行き違いや解釈違いの他、様々な遅延や滞りが起こりやすくなりますので、十分気を付けたり、ゆとりを持った対応が求められます。

そして今年の節分は2日、翌3日は春分の日、旧暦で言うところの新しい年の始まりですね。この辺りから水瓶座の土星と牡牛座の天王星が少しずつ影響し始めて、18日にはぴったりと厳しい角度をくみます。この組み合わせは生みの苦しみのような感じとか、困難からの成長とか、自由の制限とか、それに対しての抗議などなど。。。

ミャンマーや香港などの海外の動きも気になりますが、国内でも、また個人の中でも、自分の価値をとり戻すための戦いにしっかりと向き合うことになりそうです。

そして12日は水瓶座で新月を迎えます。いろいろな葛藤や軋れきが続く中で、何か希望とか解決先のアイデアや経済的なめどだとか、光が差し込むようなことが起こるかもしれません。
この時期多くの星が水瓶座に集中して、またその他も土の惑星に影響され、今までペンディングされていた実践的な取り組みが動きだしそうです。

それから27日は乙女座で満月を迎えます。 この満月に18日にぴったり角度をとってきた天王星と土星チームが絡み、1つの節目になりそうです。
このころには水瓶座色が強かった星たちが動き、柔軟宮の影響も多くなるので、いろいろな微調整も行われつつの動きになるのかなと思います。

今月の新月や満月は星座の境界線の位置で起こるため、何かぱっかり結果が出るというよりは、矛盾が生じたり、試行錯誤しながらの答えが出てくる感じもします。
水星逆行の影響もありますが、トリッキーな感じに見えるようなことでも、物事はそう単純ではないと、少しひいてみたり、大目に見たり、ふところ大きく考えるくらいがいいのかなとも思います。

それではどうぞよろしくお願いいたします。

Love & Light

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。