桜の木も葉桜になり緑が眩しい季節になりましたね。
気温もぐんぐんと上昇し、半袖で出歩く人もチラホラ目立つ初夏の陽気です。
その傍ら昨日は北海道で雹が降ったりと、異常気象に何となく感じるものもあったりします。

5月のホロスコープは、いろんな切り替わり、変化をより濃く表すようなスタートになります。

まず牡牛座の位置で太陽と天王星がピタピタに重なり、そこにうっすらと水瓶座の土星が厳しい角度をとります。

昨日から新型コロナ感染症に対する緊急事態宣言、蔓延防止措置が出されましたが、例えば社会的責任のためいよいよ自分の価値観を変えていく決断を余儀なくされるような感じです。
また牡牛座の水星と魚座の海王星もつながることから、頭ではわかっていても納得がいかないが、何とか受け止めていこうって感じもつけたされます。

ただそうは言っても、みんなが楽しみにしていた大型連休も始まり、前半はそれなりに工夫をしていた人たちも、後半の3、4日あたりになると何とも我慢が辛くなってくる頃で、8日あたりは羽目を外してしまいそうな感じなので、それなりのより一層のガス抜きだったり、その前に政府の何か対策発表が待たれます。

そして12日は牡牛座の位置で新月を迎えます。
この新月に魚座の海王星がサポート的な角度をとったり、双子座の水星に水瓶座の土星、蟹座の火星に牡牛座の天王星がさらにサポートを強めますので、何かいよいよ的な具体策が動き始めたりと朗報が期待されます。

金銭的新しい取り組みは動かしやすいので、何か考えられている方はこの新月のタイミングを使うのもいいかと思います。

22日、23日あたりはいろんな考えの迷いが起こりがちになったり、また23日から4カ月くらいかける土星の逆行が始まることから、何か物事の骨格になっているような考えだったり、しくみなどが修正される始まりみたいな感じです。

それから26日に射手座で満月を迎えます。この満月は月蝕になり強力です。
22日あたりの出来事がこの満月あたりに表に出てくるかなという感じなのですが、まだまだ調整中とのこともあり、出てくる情報をいろいろな方向から見ていくことが大事です。

30日には水星の逆行も始まります。これは約1か月弱くらい続きます。
馴染みの方も多いかと思いますが、コミュニケーションの誤解が生じやすくなり、いろいろな遅延が起こりやすくなります。

何かきっちりすることが当たり前と思うとぶれぶれなことに振り回されてしまいそうになりますが、柔軟に対応していけることを良しとするなら、うまく乗り切っていけるかなと思います。

月末に近くなるほど双子座色が強くなることから、いかに情報を制するかや、臨機応変に対応するためにリスクヘッジできるような複数の代替案を用意しておくこともいいかと思います。

それではよろしくお願いします。
Love & Light

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。